先輩たちのストーリー

星野恵太/ほしのけいた(通称:けいた、ほしちゃん)

静岡県 出身、 昭和58年12月24日 生

A型 、 やぎ座

162cm ・ 59kg

好きな食べ物: オムライスとこんにゃく

趣味: 筋トレ

■繋がり

・峯和昭(親方)
・岸さん(同期)
・佐々木さん(サーフィン)

どんなリクエストにも、よし任せろ!と言えるように。

-学生時代はどんな風に過ごしていましたか。

静岡県の榛原で生まれ、浦和から川口へと引越し、中学校では陸上の短距離選手でした。高校に入ってから空手を始めたり、勉強よりも体を動かす事が好きでした。高校2年生の夏にアルバイトで建築業に触れ、その後、板金・掘削などいろいろな仕事をやりましたが、どれも夢中にはなれず、どこか肌に合わないなと感じていました。

-左官の世界に入ったきっかけは?

19歳の時、たまたま近所で見かけた求人募集です。左官をやりたい!という明確な意思はなかったんですが、今の親方である峯さんに面接して頂き、左官を始めて12年になりました。

-左官を初めてみてどうでしたか?

すぐに「楽しい!」と感じました。以前の建築アルバイトでは味わえなかった感触がありました。壁が塗れるようになり、もっと上手になりたいという意思が芽生え、仕事ができるようになってからはますます楽しくなりました。また、いい親方に出会えた事も良かったです。自分がリーダーの現場で床の厚みを測り間違えて失敗した時、親方が一緒に謝りにいってくれてより信頼が増し、もっと頑張ろうという励みにもなりました。

-今後の目標を教えてください。

何でもできる人になりたいです。何か頼まれた時、いつでも「よし任せろ!」と言える職人になりたい。その為には、まだ自分は材料や工法の知識が足りないので、勉強は嫌いだけれど、腕だけでなく知識も兼ね備えた職人になれたら、誰にも負けないと言えるようになれるのかもしれません。

-オフの時間は何をされていますか?

体を鍛えるのが趣味です。17~18時に現場が終わったら急いで自宅に帰り夕食を済ませ、19時から3時間はジムで毎日筋トレをしています。大会も目指しています。休日は、サーフィン・釣り・サバイバルゲームなどをして過ごしています。こうした仕事との切替えが、気持ちのリフレッシュに繋がっています。

-これから左官の仕事を目指す若者にアドバイスを!

まずは左官の仕事を好きになること!


アクティブで多彩な趣味を持つ一方、落ち着きがあり真っ直ぐな目で話を聞き、一つ一つ丁寧に言葉少なに話す様は、物静かで安定している。昔ながらの職人気質を備えた若きルーキーとして今後がさらに期待されている。

2015年3月6日

一覧に戻る

お問い合わせ・ご相談など、お気軽にご連絡くださいTEL.03-5968-0787(平日8:30~17:00)

お問い合わせフォーム

page top