左官コンクリート打ち放し風仕上げ

Change
  The Future

生コンクリートを木材で組み立てられた型枠に流し込み作ります。固まったことを確認し型枠を外すと、コンクリート面が現れます。
この固まったコンクリート面に手を加えず、打ち上がったそのままの状態の仕上げが「打放し(打ち放し)コンクリート素地仕上げ」です。固まったコンクリートに全く手を加えない状態で美しい仕上がりを実現するには、高度な技術と細やかな現場管理が必要となります。
しかしながら、細心の注意と高度な技術を以って打放し(打ち放し)コンクリートを施工しても、様々な不具合が発生してしまうのが現実です。
また、何も手を加えていない状態のコンクリート自体は、耐久性や汚れ防止の機能は高くはありません。コンクリートに出来たジャンカやピンホール(穴)コールドジョイント等ををプレミックスモルタルで成型していき、より美しい仕上げ面を実現することが重要です。この美しい仕上げこそが、この職種の最大の魅力で、職人の腕の見せ所です。

写真で見る事例

  • コンクリート打ち放し風仕上げ

より詳しい施工方法や事例など、お気軽にお問合せください。

お問い合わせ

03-5968-0787

西谷工業株式会社 
[平日 8:00〜17:00]

業務内容一覧に戻る